ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

人間のうちにある原罪

「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は、初めに神とともにおられた。 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。」(ヨハネの福音書1:1ー3) 神…

誇る者は主にあって誇れ

世では、UFOを見たとか、宇宙人を見たとか、不思議な話に耳を傾けます。人間の理解を超えた霊的なことに、心が惹かれます。否定する人でも、そのことに向き合って討論します。 しかし、キリストの十字架や復活については、全く興味を示しません。関心がない…

原罪から始まった人間の歴史

アダムとエバは、悪魔の言葉を受け入れて神のことばから外れると、エデンの園から追放され、人間の住む地に置かれました。 この地は、整えられたエデンの園とは違い、開墾しなければならない荒地です。そこには、御子のために神の息を吹き入れて造られた人と…

宇宙人っているの

神に熱心だったクリスチャンが、霊的なものを追求する中で、UFOの存在を否定するクリスチャンたちの意見に反して、UFOを信じて信仰がずれてしまった、ということを聞きました。牧師だったその人は、霊の閉ざされた肉的なクリスチャンたちの中にあって、霊的…

二つの永遠

闇が造られる前は、光があるだけでした。神の御座と神に仕える御使いがいました。永遠の昔からの風景です。時間のない聖なる世界で、神の愛が満ち、義が覆っていました。 これが、永遠の昔から神のおられるところです。しかし、大天使ルシファーが神のひとり…

初めのものを古いとされた

神は、イスラエルと二つの契約を結ばれました。エレミヤ書31:31-34にこう書いてあります。 「見よ。その日が来る。―主の御告げ―その日、わたしは、イスラエルの家とユダの家とに、新しい契約を結ぶ。 その契約は、わたしが彼らの先祖の手を握って、…

天と地を造らなかった神々は滅びる

初めに、神が天と地を創造した。すべてのものは、神から発しています。永遠の昔から、神は存在しておられました。御使いのひとりも、神のひとり子も生まれる前から在るお方です。 すべてのものの存在の根源である方が、唯一の神です。神はモーセに「わたしは…

神の国の主権者

日の丸の日本は、神の国。天皇は、国民の安寧のために祭儀を行なう神の祭司。ユダヤ教で言えば、天皇は、神に至聖所へ入ることが許された大祭司です。 神聖な場所に入ることが許されている人は、神が与えられる権威を受ける、大祭司ひとりだけです。それ以外…

いのちの木への道は開かれている

「こうして、神は人を追放して、いのちの木への道を守るために、エデンの園の東に、ケルビムと輪を描いて回る炎の剣を置かれた。」と、創世記3:24にあります。 蛇の語る悪魔の言葉を信じ、神のことばに逆らって、禁断の「善悪を知る知識の木の実」を食べ…

まことの救世主

人々は、自分の救いを求めて、それぞれ信じるものに辿り着きます。救世主を求めている人は稀でしょう。救世主という大きな存在ではなく、自分を苦しみや悩みから救ってくれるものや、安堵させてくれるものを求めているのです。 真理を求める者もいるでしょう…