ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

本当の幸せは 目指した先では得られなかった


  ブラジルのサッカー選手のお話です。ジョルジーニョっていうような名前だったと思います。

  彼は、スラム街の生まれで、貧しい中で育ちました。彼は大富豪に憧れました。貧乏は嫌です。お金持ちになりたかったのです。

  お金持ちになったら、幸せになると思いました。豪邸に住み、綺麗な奥さんと綺麗な身なりの子供に囲まれ、高級車に乗る豊かな生活を夢見たのでした。

  スラム街から成り上がる唯一の方法は、サッカー選手になる事でした。彼はサッカーに明け暮れました。

  努力は実りました。プロサッカー選手になったのです。選手になってから、子どもの頃の夢を叶えるために尚一層努力しました。

  お金持ちになりました。豪邸を建て高級車を乗り回し、美しい理想通りの女性と結婚も出来ました。可愛い子供にも恵まれました。

  欲しかったものは手に入れました。何の不足もありません。人々から敬われ、応援してくれる人も大勢います。

  スラム街では英雄です。スラム街のみならず国民的に支持される立場となりました。

  でも何かが足りないのです。無いものだらけだった頃には気づかなかったのですが、生活が豊かになり、何不自由ない者となって初めて気づいたのです。

  生活は豊かになり、人々も羨む暮らしを手に入れているのに、訳の分からない不安がありました。

  この生活がいつまで続くかという不安でしょうか。何者かに奪われるという不安でしょうか。たぶん生きて行く事に対する不安に近かったのでしょう。

  得体の知れない不安、心にある空洞のようなもの、成功やお金では埋められないものの存在から来る不安でした。

  彼のお兄さんは相変わらず、生まれ育ったスラム街に妻と子供と住んでいました。サッカー選手になった彼には、不思議でした。

  お兄さんはこの生活に満足しているのだろうか?こんな暮らしで幸せなんだろうか?お金持ちになりたかった彼には理解出来ない事でした。

  お兄さん一家は慎ましく寄り添うように生活していました。不満もなさそうです。サッカー選手で成功した彼には理解出来ませんでした。

  お兄さん一家には静かな暮らしがありました。成功からは程遠い華々しさの無い平凡な暮らしです。

  ある時、お兄さんの貧しい家で共に食事をする機会がありました。お兄さん一家は神を信じるクリスチャンでした。食事の前に神に感謝の祈りを捧げます。一家は皆首を垂れて、食べられる恵みを感謝しました。

  お金持ちの彼は驚きました。お金を払えば何でも手に入る生活の中で、神に感謝する行為をした事はありませんでした。

  成功は自分の努力の結果だと思っていました。この祈りの最中に彼は気づいたのです。お兄さんは持っているけど自分の中には無かったものに気づいたのです。

  いつも不思議でした。豪邸に住む金持ちの自分は心が乾いているのに、スラム街で暮らす貧しい兄は幸福そうに見えました。

  古びた家で、家財道具も少なくて不自由そうに見える兄が幸せそうなのです。何の不足も感じていないかのように平和です。

  一方、自分は生活に不満があるわけでも、家族に不満があるわけでも無いのに、自分の中に兄の持つ平和な気持ち、平安が無いのです。

  兄が信じている神の中にその秘密があるのなら、自分もその神を信じて見たいと思った瞬間でした。

  彼はキリストを自分の主と信じて、洗礼を受けてクリスチャンになりました。乾いていた心は、生ける神から流れ出るいのちの水で潤されました。

  キリストのいのちのことば(聖書の言葉)で、彼は永遠に生きる者となったのです。

  豊かな生活の上に、豊かな安らぎを得たのでした。その安らぎは、豊かな生活の中にでは無く、素朴な信仰の中に見つけました。

  それは、何にも代え難い、かけがえのない喜びと平安でした。彼は、キリストを証しする人となりました。

 

  神を賛美する歌に、このような歌があります。

  わたしは山に向かって目をあげる
  わたしの助けはどこから来るのか
  わたしの助けは天と地のつくりぬし
  主なる神様から来る
  君はひとり誰かを求めている
  それが誰かは知らないだろう
  君の心を満たしてくれる人は
  君をつくられたお方
  君の心を満たしてくれる人は 
  君をつくられたお方

  
  サッカー選手になって成功した人生を得た彼は、キリストを心に迎え入れて永遠に価値あるいのちを得たのでした。彼の人生は永遠に輝くのです。