ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

聖書の権威➈ー神の民イスラエルー


  イスラエルは約二千年前、神の御子イエスを生み、神の生贄の子羊として十字架につけた事で、永遠のいのちの道を設ける任務を果たしました。

  神がイスラエルに遣わすと約束されたキリストが、世に現れたのでした。

  神は、罪を贖い死から復活したキリストによって、キリストを信じる者に、永遠のいのちと復活の体を得させる事を定めておられます。

  アブラハムの子孫(神が造られたイスラエル)によって、諸国民が祝福される事が、アブラハムに語られていました。

  イサクが生まれる前から、神はアブラハムに、サラから生まれる子孫がアブラハムに与えたカナンの地(現イスラエル)を相続する事、そして、彼らから悪魔の力を破る救いの子が生まれる事を約束されていました。

  神の計画を正しく理解していないイスラエルに、その事は実現しました。

  悪魔の力を破り勝利した神の御子イエスの救いは、全世界に広がりました。

  神は、キリストへの信仰によって、神との契約の無い国民、割礼の無い異邦人にも神の恵みを及ばせ、神に仕える神の民に加える事を約束しておられます。

  割礼の無いアブラムが、神の約束を信じて神の義とされたように、「イエスは神が遣わされたキリストである」と信じる異邦人は、神に義とされ、神の民に加えられるのです。

  キリストを信じる異邦人は、アブラムのように、神から信仰による義が認められるのです。彼らは、アブラムの信仰を受け継ぐ、信仰の子孫となるのです。

  アブラハムは、割礼の子の父であり、また、無割礼の子の父となるのです。

  こうして、アブラハムとサラは、跡取りである契約の子孫イスラエルとともに、信仰による子孫を得て、神の約束通りに、多くの国々の父、母となるのです。

  神が創造される神の民は、割礼の民イスラエルと無割礼の民が、キリストによってひとつとなり、新しいひとりの人とされ、神の御子キリストの国民となってキリストに仕えるのです。

  神がイスラエルに与えられた神の律法と預言者と詩編は、キリストに於いて全うされ、同時にキリストを信じる異邦人もキリストに於いて律法を守ったものとみなされ、イスラエルに約束された祝福と平安をともに相続する者とされるのです。

  神の民は、律法に仕える者から、キリストの御霊に仕える者として、新しく創造されるのです。

  神が創造される新しいイスラエルは、「わたしは、わたしの契約をあなたと結ぶ。あなたは多くの国民の父となる。あなたの名は、もう、アブラムと呼んではならない。あなたの名はアブラハムとなる。わたしが、あなたを多くの国民の父とするからである」とアブラハムに約束された通りに、多くの国民によって形成されます。

  新しく創造されたイスラエルに、神は、王を与えられます。

  それは、死から復活し、墓から甦られ、復活のからだで天に上られたキリストであり、永遠に生きるイスラエルの王です。

  復活のキリストが、救いのために再び地上に来られます。

  神のみもとを出て、天から下って来る聖なる都、新しいエルサレムに、神と子羊(キリスト)の御座があるのです。

  イスラエルの王は、契約の民ユダヤ民族を集めて彼らを救い、彼らの目の涙をすっかり拭い取って下さるのです。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもありません。

  御座に着いておられる方が、以前のものを過ぎ去らせ、すべてを新しくされたからです。

  イスラエルの王は、ユダヤ民族に約束の地を各部族に割り与えられます。そして、神の民イスラエルに加えられたキリストの民(キリストを信じる異邦人)は、ユダヤ人の間に住み、彼らの兄弟姉妹、家族となるのです。

  この神の民が一つの国民として、互いに愛し合う事を神は喜ばれます。

  イスラエルの王として再びイスラエルの地に来られるはずのイエスが、父なる神に地上に聖霊を送って下さるようにお願いされました。

  キリストの名で神が遣わされた御霊は、キリストを信じる者の内に住まわれ、神の民イスラエルの完成のために日々、働いておられます。

  終わりの日には、アブラハムの子孫である契約の民ユダヤ人が、このイスラエルの王を叫び求めるのです。

  彼らの叫びに答えて、イスラエルの王は彼らを救うために、天から来られます。

  地上に残されていたユダヤ人が、イスラエルの王を迎えるのです。彼らの働きで、地はイスラエルの王を迎え、世界の国々に平和が訪れるのです。

  イスラエルの王は、神の民イスラエルの王となり、神の民イスラエルはイスラエルの王に仕え、全世界は、イスラエルの王に治められるのです。