ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

聖書の権威㉔ー救いと永遠のいのちー


  「救い」とは、悪い者から救われる。最悪の状況から救われる。心の悩みから救われる。貧困から救われる。絶望から救われる。

  今ある事から、脱出する事をいうのでしょうか。


  聖書の救いは、罪からの救い、滅びからの救い、死からの救い、さばきが免れる事のようです。

  キリストの血は、罪の赦しを宣言し、罪を犯す心に見張り人(御霊)を置かれて、罪から離れる新しい心を創造されます。

  神は、いのちの救いを与えられるのです。新しい人に変えられるのです。

  神は、死んでいく命に、生き続けるいのちを与えられます。


  聖書の神は、この世のものではありません。キリストもこの世のものではありません。キリストを信じる者もこの世のものではなくなるのです。

  神のことばが与えられました。それによって、世は信じる者を憎みます。世は、信じられないからです。

  世は、自分のものを愛します。神を信じる者は、世のものではないのです。

  世を愛されたキリストを、世は憎みました。

  キリストは、世からご自分の者を選び出します。それで世は彼らを憎みます。世は、先にキリストを憎んだのです。

  キリストは、世から救って下さいました。悪魔の支配、罪の奴隷から救って下さったのです。

  信じる者は、この世に生きながら、神の栄光と永遠の希望と愛に向かって歩んでいるのです。

  
  イエスはいわれました。

  「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。わたしの父の家には、住まいが沢山あります。

  わたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたをもおらせるためです。」

  信じる者は、実在する場所に向かって、日々生活しているのです。それは、虚しいものではありません。

  
  聖書の神が約束しておられる救いとは、罪が赦されてさばきが免れる事だけではありません。

  この世から救われて、永遠に生きる者とされるのです。

  また、永遠のいのちで生きる場所もあるのです。住まいまで用意されているのです。

  ただの罪人が、神が天から遣わされたひとりの人の死と復活によって、罪が無いと宣言されて裁きが免れるだけではなく、滅びの世から救い出されて、死からも解放されるのです。

  その上、永遠のいのちを与えられるにとどまらず、住まいまで備えられており、神の栄光を受けて、神の国で永遠に生きる者として下さるのです。

  身の丈に合わない光栄。誰が望んだでしょう。誰が知っていたのでしょうか。

  
  神から遣わされて地に来られたキリスト・イエスは、この想像を絶する救いを成し遂げられたのでした。

  最後の裁きをされ、からだも魂も火で焼く権威を持っておられる神が、人のために創造された「救い」です。

  神の用意された救いは、勝利する者(キリストを主とする者)にとこしえの栄光を受けさせるのです。

  これが、聖書に書かれている、キリスト・イエスにある救いなのです。

  永遠のいのちが与えられる魂の救いほど、麗しくて尊いものはありません。


  神は、イスラエルをエジプトの奴隷から解放し、エジプトの地から救い出して、約束のカナンの地(イスラエル)に導き入れたように、キリストにあって集められる民を罪の奴隷から解放し、世から救い出して、永遠の神の国に導き入れられるのです。

  時が来て、世界に離散していたユダヤ人を、先祖の地イスラエルに集めておられるように、聖書の神は、キリストにあって約束された事を、終わりの日に必ず成就されます。