ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

聖書の権威㉛ー古い革袋と新しい革袋ー


  イエスはいわれました。

  「誰も、真新しい布切れで古い着物の継ぎをするような事はしません。そんな継ぎ切れは着物を引き破って、破れがもっとひどくなるからです。

  また、新しい葡萄酒を古い革袋に入れるような事はしません。そんな事をすれば、革袋は裂けて、葡萄酒が流れ出てしまい、革袋も駄目にしまいます。新しい葡萄酒を新しい革袋に入れれば、両方とも保ちます。」

  ユダヤ人は、神の律法を守る民です。この事で、ユダヤ民族は他の民族と区別されています。それは、神の民としての誇りでもありました。

  神は、御子に新しい契約を託されました。新しい契約を結ぶために、イエスは、天から地に、神によって遣わされていました。

  新しい契約は、異邦人にも及ぶものです。厳格な割礼の民ユダヤ人にとっては、喜ばしくないものでした。

  モーセの律法を守る者こそ、神の民であり、神に選ばれた尊いもの、神の特別な民であるべきです。

  しかし、イエスの教えは、戒律を守る者達に、神の栄光の働き、癒しと奇跡、人の心に働かれる神のわざを現わして、神がどんな方であるか、この世の王国ではない神の国について、また、神が与えられる永遠のいのちについて証されました。

  この世で神の誉れを受けたいユダヤ人にとって、イエスの教えは、かけ離れたものでした。

  イエスの教えは、この世を否定します。世はやがて過ぎ去るとして、永遠の事柄に焦点が置かれました。

  ユダヤ人が大切にして来たものの価値を認めないかのようです。

  イエスは、ユダヤ人の言い伝えや教え、モーセの律法を古い葡萄酒とされました。よく熟成されたこの葡萄酒では、永遠に生きる者とはならない事を明らかにされました。

  そして、神は、永遠に生きる者とするために、イエスの教えという新しい葡萄酒を用意されました。

  神の国に入るには、この新しい葡萄酒を飲む者である事が必要です。

  イエスは、新しい契約を持ってユダヤ人のもとに来られたのです。新しい契約が現れたので、ユダヤ人が守って来た契約と教えを、古い契約とされました。

  神は、新しい契約を人類と結ばれます。

  この契約はあまりにも大きくて力強く、勢いがあるので、ユダヤ民族の中には収まりません。ユダヤ民族の数をはるかに超える人々を治めるには、新しい革袋が必要です。

  ユダヤ民族(シナゴーグ)という古い革袋から、全世界、全民族のうちにあるキリストのからだ、キリストのエクレシア(コングリゲーションと教会)という新しい革袋を用意されました。

  それは、イエスを神が遣わされた御子キリストであると信じ、父である神を讃える群れです。神が遣わされた御子を信じ、御子を愛する群れです。

  神は、神と契約を持つユダヤ民族であるからといって、ユダヤ人がアブラハム、イサク、ヤコブの子孫だからといって、また、モーセの律法を守っているからといって、彼らに永遠に生きる者としての資格は認められません。

  彼らが頼みとしているモーセも、モアブの地、ピスガの頂きから、約束の地を見渡しただけで、ネボ山で死にました。生きてカナンの地に入る事は出来ませんでした。

  神は、神の御子イエスを主と告白し、イエスのことばを守る者と、御霊によって新しく生まれるキリストのエクレシアに、永遠のいのちを約束されておられます。

  
  パウロも言っています。

  「『アブラハムにふたりの子があって、ひとりは女奴隷から、ひとりは自由の女から生まれた』と書かれています。

  女奴隷の子は肉によって生まれ、自由の女の子は約束によって生まれたのです。この事には比喩があります。

  この女たちは二つの契約です。

  一つはシナイ山から出ており、奴隷となる子を生みます。その女はハガルです。このハガルは、アラビヤにあるシナイ山の事で、今のエルサレムに当たります。何故なら、彼女はその子ども達とともに奴隷だからです。

  しかし、上にあるエルサレムは自由であり、私達の母です。即ち、こう書いてあります。

  『喜べ。子を産まない不妊の女よ。声をあげて呼ばわれ。産みの苦しみを知らない女よ。夫に捨てられた女の産む子どもは、夫のある女の産む子どもよりも多い。』

  兄弟達よ。あなたがたはイサクのように約束の子どもです。しかし、かつて肉によって生まれた者が、御霊によって生まれた者を迫害したように、今もその通りです。

  しかし、聖書は何といっていますか。

  『奴隷の女とその子どもを追い出せ。奴隷の女の子どもは決して自由の女の子どもとともに相続人になってはならない。』」


  シナイ山で生まれた律法の契約は、肉に属しており、律法の行いによる人々はすべて、呪いのもとにあるのです。律法を行う者はこの律法によって生きるのです。律法は信仰によるのではありません。

  律法によって神の前に義と認められる者が、誰もいないという事は明らかです。義人は信仰によって生きるのです。信仰こそ神に認められる義なのです。


  キリストは、ユダヤ民族のために呪われた者となって、ユダヤ人を律法の呪いから贖い出して下さいました。

  神は、被造物の初穂である、ご自身の民イスラエルを贖う事で、被造物全体を贖われたのでした。イエス・キリストへの信仰によって、神に近づく事が出来るのです。

  この事は、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、キリストへの信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。

  神は、律法に仕え、古い契約に仕える者は、神の奴隷であり、サラの子どもと共に相続人になる事が許されないハガルの子ども、奴隷の子と見なされます。彼らはこの世のものです。

  キリストの御霊に仕え、イエス・キリストとの新しい契約に仕える者は、キリストによって自由の子とされた神の子であり、神の国の相続人とされます。彼らは永遠の神の民です。

  かつてイシュマエルがイサクを迫害したように、律法に縛られたユダヤ人は、新しい契約の御霊に仕えるユダヤ人を迫害するのです。

  奇しくも、新しい契約の御霊は、モーセがシナイ山で十戒を受けた日、五旬節の記念日に、エルサレムで、キリストの弟子達ユダヤ人が受けたのです。

  キリストは、新しい契約を与え、御霊は、新しい革袋と新しい葡萄酒を主のために整えられるのです。

  新しい革袋とはキリストのエクレシアであり、御霊に従い御霊と共に生きる民、御子キリストの御霊が創造された新しい神の民イスラエルの事です。

  新しい葡萄酒とは、神が遣わされた御霊であり、イエスのことばを思い起こさせ、真理に導く、真理の御霊のことです。

  そして、御父が御子キリストによって与えられる新しい契約の御霊は、神の民イスラエルを、永遠の天のエルサレムで神の栄光を現わす神の子とされるのです。