ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

七つの頭は七人の王 十本の角は十人の王

黙示録17:8-13に、七つの頭と十本の角を持つ獣の秘義が書かれています。 「あなたの見た獣は、昔いたが、今はいません。しかし、やがて底知れぬ所から上って来ます。そして彼は、ついに滅びます。地上に住む者達で、世の初めからいのちの書に名を書き…

十本の角と七つの頭の獣

ダニエル書2:31-45で、ダニエルが解き明かしたネブカドネザル王の夢。一つの大きな像は巨大で、尋常ではない輝きを放つ恐ろしい像でした。頭は純金、胸と両腕とは銀、腹とももとは青銅、すねは鉄、足は一部が鉄、一部が粘土でした。 純金の頭はネブカ…

軍勢の長にのし上がる雄山羊

雄羊を打ち倒した雄山羊は非常に高ぶり、その強くなった時に、一本の大きな角が折れた。そしてその代わりに、天の四方に向かって、著しく目立つ四本の角が生え出た。(ダニエル書8:8)これは第三の獣の一本の大きな角が折れた後で、四つの頭が権力をめぐ…

エパ枡の女

ゼカリヤ書5:5-11に、エパ枡の女のことが書かれています。 私と話していた御使いが出て来て、私に言った。「目を上げて、この出て行く物が何かを見よ。」私が、「それは何ですか」と尋ねると、彼は言った。「これは、出て行くエパ枡だ。」そして言った…

第四の獣とローマ教皇

ダニエル書11:39に、「彼は外国の神の助けによって、城壁のある砦を取り」とあります。37節では、「彼は、先祖の神々を心にかけず」と、第四の獣のことを言っています。 第四の獣は、イスラム帝国の復興を目指しながら、ムスリム(イスラム教徒)では…

タラント

今朝のテレビ番組「ライフライン」は、ゴスペルマジシャンRITOさんの福音マジックのお話でした。 マジシャンとは、教会的ではない響きがします。出エジプト記のモーセの杖を通してなされる神の不思議なわざに対抗して、秘術を使って同じようなわざを行った呪…

中東を征服する第四の獣

レバノンのシーア派組織ヒズボラは、凶暴な組織です。他のイスラム教徒たちも恐れる集団です。レバノンを征服するのは、至難の業です。 トルコから出たひとりの指導者は、オスマン帝国の復興を目指すイスラム原理主義組織と心一つにして、ムンニ派のISと手を…

第四の獣に対する予測

トルコでは、オスマン帝国の復興を願い、イスラム原理主義運動が働いています。中国の強い指導者が治める全体主義により、中東も監視システムが整いました。中国の指導者が世から去ると、この時とばかり、活気づきます。 中国を出し抜いてインドが力を得ると…

第四の獣の現れる様子と三つの災い

ダニエル書8:21-24に第四の獣の現れる様子が書かれています。 「毛深い雄山羊はギリシヤの王であって、その目と目の間にある大きな角は、その第一の王である。その角が折れて、代わりに四本の角が生えたが、それは、その国から四つの国が起こることで…

熊のような足 獅子のような口の豹に似た獣

ヨハネの黙示録13:2に、終わりの時代に現れる第四の獣のことが書かれています。 「私の見た獣は、豹に似ており、足は熊の足のようで、口は獅子の足のようであった。龍はこの獣に、自分の力と位と大きな権威を与えた。」 豹は、第三の獣。全体主義を実行…