ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

サタンに噛みつかれた人の子イエスのかかと

創造主は、エバを惑わして罪を犯させた蛇に仰せられました。 「わたし(創造主)は、おまえ(蛇)と女(人)の間に、また、おまえの子孫(獣の子)と女の子孫(人の子)との間に、敵意を置く。 彼(人の子)は、おまえの頭(悪魔)を踏み砕き、おまえ(サタ…

生木と枯れ木

ノアの時代、世界は暴虐に満ちていました。神を恐れない者たちの世界です。神を信じる者はいません。神に立ち向かい神に歯向かう邪悪な人々で満ちていました。 そのような全地が無法の世に、神を恐れるノアがいました。神はノアを御覧になられ、ノアを残して…

神に愛されたイスラエル

神はヤコブに仰せられました。 ヤコブは、アブラハムのひとり子イサク(神がアブラハムの契約を受け継がせた約束の子孫)の息子です。ヤコブは、イサクがアブラハムから継承したカナンの地と神に選ばれた者にのみ与えられる祝福を、父イサクから受け継いだ、…

神に呪われたイエス

「さて、十二時から、全地が暗くなって、三時まで続いた。 三時ごろ、イエスは大声で、『エリ、エリ、レマ、サバクタニ。』と叫ばれた。これは『わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。』という意味である。」(マタイ27:46) こ…

全き人とは

「アブラムが九十九歳になったとき、主(創造主)はアブラムに現われ、こう仰せられた。 『わたしは全能の神である。 あなた(アブラム)はわたしの前を歩み、全き者であれ。 わたしは、わたしの契約を、わたしとあなたとの間に立てる。 私は、あなたをおび…

モーセの書を信じないユダヤ人

「わたし(神のひとり子ナザレのイエス)はわたしの父(イスラエルの神)の名によって来ましたが、あなたがた(ユダヤ人)はわたし(ナザレのイエス)を受け入れません。(イスラエルの神に遣わされた者だと言うナザレのイエスを、ユダヤ人は神の名を汚し冒…

とこしえのイスラエルに加えられる異邦人

イスラエルとは、神と契約を結ぶ神の民をあらわします。とこしえのイスラエルとは、神のひとり子(神の子羊イエス・キリスト)の主権(王位)のもとに集められ、永遠のいのちを得る神の民のことです。 初め神は、アブラハム、イサク、ヤコブの契約と祝福を相…

どう見るか 神はご覧になる

天と地と万物を造られた全能の神、主は、永遠の昔からともにおられる神のひとり子を、地上に遣わされました。神のひとり子は、神がひとり子のために神のひとり子とともに造られた「人」のところに来られました。 昔から神は、神のいのちから外れ霊の死んだア…

試みの石

「家を建てる者たちの捨てた石。それが礎の石となった。これは主のなさったことだ。 私たち(ユダヤ人)の目には不思議なことである。」(詩篇118:22,23) イスラエルは神が選んだ主の民です。イスラエル(アブラハム、イサク、ヤコブの子孫ユダヤ…

神の試み

ヨハネの黙示録(6章~)には、終わりの時代に開かれる七つの封印のことが書かれています。 第一の封印が解かれると白い馬が、第二の封印が解かれると火のように赤い馬が、第三の封印が解かれると黒い馬が、第四の封印が解かれると青ざめた馬が出て行くこと…