ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

聖書の神を侮ってはならない

「主に感謝して、御名を呼び求めよ。 そのみわざを国々の民の中に知らせよ。 主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。(全能の神である主は、ヤコブの子ら〈イスラエル〉を四百年のエジプトの奴隷生活から救い出され、国々の…

聖書の民ではなく聖霊の民が世界を救う

世界を救うメシアは、日本人から起こると、巷では言われています。 聖書の民(ユダヤ人)は、神と契約を結ぶ民族です。救いは、ユダヤ人から起こると言われています。 日本にユダヤ人が渡来したことを信じる人々が、今、表に出て来ています。今まで、タブー…

生きる意味 約束の御霊

神が、自分の内臓を造り、母の胎のうちで自分のからだ(ダビデの肉体)を組み立てられたことを悟るダビデは言いました。 「私は感謝します。あなた(神)は私(ダビデ)に、くすしいことをなさって恐ろしいほどです。私の魂は、それをよく知っています。 私…

足ることを知る豊かさ

「群衆の中のひとりが(イエスに)、『先生。私と遺産を分けるように私の兄弟に話してください。』と言った。 すると、(イエスは)彼に言われた。『いったいだれが、わたしをあなたがた(ユダヤ人たち)の裁判官や調停者に任命したのですか。』 そして(イ…

豊かな神

ダビデ王は、家来ウリヤの妻の美しさに惑い、彼女(バテ・シェバ)を召し入れて彼女と寝ました。 バテ・シェバが身ごもったことを知ると、ダビデは彼女の夫ウリヤを激戦地に送り戦死させて、彼女を自分の妻としました。 神は預言者ナタンをダビデのところに…

心に書きしるされた日本人の無宗教の恵み

日本人の多くは、あなたの信じる宗教は何か、と問われたら、考え込んでしまいます。日常生活で宗教を意識することはほぼなく、普段から宗教には縁遠い者だと自覚しているのです。 日本人は、神社の前を通り過ぎるとき、会釈をする人は普通にいます。お墓に行…

神は心得ておられる

「イスラエルの中には、偽預言者も出ました。同じように、あなたがたの中にも、偽教師が現われるようになります。 彼ら(偽教師たち)は、滅びをもたらす異端をひそかに持ち込み、自分たちを買い取ってくださった主を否定するようなことさえして、自分たちの…

三位一体の神を理解する日本人

神道では、万物生成化育の根源とされる造化の三神(ぞうかのさんしん)を神々の根源としています。 天御中主神(アマノミナカヌシノカミ)、高皇産霊神(タカミムスヒノカミ)、神皇産霊神(カミムスヒノカミ)の三柱です。 これらの神の名前は、日本人に伝…

日本の贖い日本の救いのために祈ろう

メシアニック・ジュー(ユダヤ人としての伝統を守りつつ、神の御子イエス・キリストを信じるユダヤ人)の講師が言っておられました。 キリストの御救いは個人のものではなく、民族レベルのものである。個人がキリストを信じて救われると考えるのはおかしい。…

義に飢え渇く人 真理を求める人へ

知恵者は言います。 「私が手がけたあらゆる事業と、そのために私が骨折った労苦とを振り返ってみると、なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。日の下(地上)には何一つ益になるものはない。(労苦したからといって良い報いがあるわけでは…