ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

生まれながらの人間

「神が賜った御霊について話すには、人の知恵に教えられたことばを用いず、御霊に教えられたことばを用います。その御霊のことばをもって御霊のことを解くのです。 生まれながらの人間は、神の御霊に属することを受け入れません。それらは彼には愚かなことだ…

十字架をどう見るのか

木にかけられた者は呪われた者である。これは、神を知るユダヤ人の常識でした。木にかけられたイエスは、神に呪われた者なのです。 神に呪われたナザレのイエスを、ユダヤ人は、憎みました。木にかけられたイエスを嘲り、呪いました。彼らにとって、木にかけ…

ダンの救いを祈ったヤコブ

出エジプトしたイスラエルは、成人男性だけでも六十万人と言われています。女子どもを入れたら、百万人は優に超えたでしょう。 大所帯で荒野に入りました。水の湧く所はありません。緑はありません。奴隷の家エジプトを出るには出たが、どうやって生き延びる…

眠りから醒める時

「主に連なる外国人は言ってはならない。『主はきっと、私をその民から切り離される。』と。宦官も言ってはならない。『ああ、私は枯れ木だ。』と。 まことに主はこう仰せられる。 『わたしの安息日を堅く守り、わたしの喜ぶことを選び、わたしの契約を堅く…

スケールの大きいどんでん返し

「シオンの娘よ。喜び歌え。楽しめ。見よ。わたしは来て、あなたのただ中に住む。―主の御告げ。― その日、多くの国々が主につき、彼らはわたしの民となり、わたしはあなたのただ中に住む。あなたは、万軍の主が私をあなたに遣わされたことを知ろう。 主は、…

大祝会に近づいています

「あなたがたは、手でさわれる山、燃える火、黒雲、暗闇、あらし、ラッパの響き、ことばのとどろきに近づいているのではありません。このとどろきは、これを聞いた者たちが、それ以上一言も加えてもらいたくないと願ったものです。 彼らは、『たとい、獣でも…

聖霊が証されるキリストのしるし

律法学者、パリサイ人たちのうちのある者がイエスに言った。「先生。私たちは、あなたからしるしを見せていただきたいのです。」 しかし、イエスは答えて言われた。 「悪い、姦淫の時代はしるしを求めています。だが預言者ヨナのしるしのはかには、しるしは…

預言を成就させる油注がれたイエス

「イエスはご自分の育ったナザレに行き、いつものとおり安息日に会堂に入り、朗読しようとして立たれた。すると、預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を見つけられた。 『わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々…

御父が神の御子イエスにお与えになった希望

神がイエスに用意された最初のしるしは、ガリラヤのカナの婚礼の席でした。花婿と花嫁がいます。祝いの葡萄酒が振舞われます。 そこには、ユダヤの慣習に従って、八十リットルから百二十リットル入りの石の水がめが六つ置いてありました。 客に振舞っていた…

イエスの宣教開始

バプテスマのヨハネから水のバプテスマをお受けになったイエスに、神は、天から聖霊を下されました。 聖霊に満ちたイエスは、ヨルダンから帰られ、御霊に導かれて荒野に上って行かれました。 四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられると、試みる者、悪…