ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

2024-01-01から1年間の記事一覧

時が近づいている

「彼(御使い)は私(ヨハネ)に言った。 『この書(ヨハネの黙示録)の預言のことばを封じてはいけない。時が近づいているからである。 不正を行なう者はますます不正を行ない、汚れた者はますます汚れを行ないなさい。正しい者はいよいよ正しいことを行な…

とこしえの新しい契約にはいる

「主が、言われる。 見よ。(その)日が来る。 わたし(神)が、イスラエルの家(ユダヤ民族の長子ヨセフ族のいるユダヤの十部族)やユダの家(ダビデ王の家系のいるユダ族と、サウル王を出したベニヤミン族の王家の二部族)と、新しい契約を結ぶ日が。 それ…

神と契約を結ぶノアと家族が救われたように

ノアの時代、神は、正しい人ノアとノアの家族だけを残して、世のものを水で滅ぼされました。 地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのを御覧になった主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められました。 しかし、…

キリスト者の役割

「イスラエルの人たちよ。アブラハム、イサク、イスラエルの神、主に立ち返りなさい。そうすれば、主は、あなたがたに残された、アッシリヤの王たちの手をのがれた者(ユダヤ人たち)たちのところに、帰って来てくださいます。 あなたがたは、父祖の神、主に…

神のとこしえの愛 人道の偽りの愛

人は何故、地球上に生まれて来たのでしょうか。 魂がきよめられて、永遠のいのちを得るためです。 地球から宇宙に出て行くと、なんとそこは漆黒の闇です。多くの星々は、この漆黒の闇の中に存在しています。地球もそうです。太陽や月の光があって明るく見え…

真理が宿る

「私(ヨハネ)はあなたがたを本当に愛しています。私だけでなく、真理を知っている人々がみな、そうです。 このこと(私たちのうちにあるあなたがたへの愛)は、私たちのうちに宿る真理によることです。そして真理はいつまでも(御霊によって生まれ新生した…

イエスを告白しない霊は神から出ていない

「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもの(全き光である天に属するもの)です。それによって神からの霊(天のもの)を知りなさい。」(ヨハネ第一4:2) 「なぜお願いするかと言えば、人を惑わす者、すなわち、イエス・キリスト…

私たちはキリストのからだの一部

「神は主(神の子羊イエス・キリスト)を甦らせましたが、その御力(聖霊、すなわち生かす御霊)によって(神の御子イエス・キリストを信じる)私たちをも甦らせてくださいます。 (イエス・キリストを信じる)あなたがたのからだは(御霊によって)キリスト…

地獄はないという甘い言葉

聖書には、地獄の事が書かれています。 それは、永遠に燃え盛る火の池です。そこに入った者は、決して出られないそうですよ。火の池は、そこに入った者たちの永遠の住まいとなるようです。 しかし、創造主の存在を知らせ、宇宙の秘密を告げるスピリチュアル…

今生を生きよう

すべての人には、父親と母親がいます。人は、男と女の一体から生まれているからです。 その父にも父親と母親がおり、その母にも父親と母親がおります。アダムとエバから始まった人類の歴史は、血によって繋がっています。 神が神の祭司の民として契約を与え…

世に勝つ者は永遠に生きるキリストとその弟子たち

「世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。」(ヨハネ第一4:5) なぜ、イエスが神の御子と信じる者は世に勝つのでしょう。 イエスご自身が、世に勝利されたからです。世に勝つとは、世の流れに逆らい、新しい道を設け…

自称神の子

聖書では、ノアの時代に至る頃のことに触れています。 「人が地上に増え増え始め、彼らに娘たちが生まれたとき、神の子らは、人の娘たちが、いかにも美しいのを見て、その中から好きな者を選んで、自分たちの妻とした。 そこで、主は、『わたしの霊は、永久…

義の栄冠を得る

「(永遠に生きておられる)神の御前で、また、生きている人(永遠のいのちを得る信仰の勝利者)と死んだ人(肉のまま生きていのちを得ることなく、永遠の死にはいる信仰の失格者)とをさばかれるキリスト・イエスの御前で、その現われ(キリストの再臨)と…

殉教者はきよい者でなければならない

パウロはテモテに言いました。 「終わりの日には困難な時代がやって来ることをよく承知しておきなさい。 そのときに人々は、自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを知らない者、汚れた者…

永遠の住まいは新しい天と地

巷では、弥勒の世が来ると言われています。「弥勒の世」とは、今の世が悪い闇の世となり、大峠を越えて大建て替えがされると現われる、草木も喜ぶ新しい世です。 聖書を知る人々には、今の世の後に来る「千年王国」として知られています。千年王国が地上に建…

いのちを生み出すいのち

イエスは言われました。 「人の子(イエスはご自分のことを「人の子」と呼ばれた)が(キリスト〈救世主として〉の)栄光を受けるその時が来ました。 まことに、まことに、あなたがたに告げます。 一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままで…

殉教者の死は尊い

イエスは、弟子たちに言われました。 「人の子(イエス・キリスト)のために、人々があなたがた(イエスの弟子たち)を憎むとき、また、あなたがたを除名し、はずかしめ、あなたがたの名をあしざまにけなすとき、あなたがたは幸いです。 その日には、喜びな…

召された者、選ばれた者、忠実な者

「私(ヨハネ)は大群衆の声、大水の音、激しい雷鳴のようなものが、こういうのを聞いた。 『ハレルヤ。万物の支配者である、われらの神である主(神の子羊イエス・キリスト)は王となられた。 私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう。子羊の婚姻のときが…

グレートリセット

グレートリセットとは、現在の社会を構成する金融や社会経済などのさまざまなシステムを一度すべてリセットし、再構築することをいうそうです。 世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム(WEF)」のテーマであるようです。 2020年以降の…

新しい人は喜び アダムは嘆く

2024年は、二極化が進み、2025年には二極に分かれ、2026年には今の世の中と全く違った世になると言われています。 スピリチュアルな人々の間では、今まで時間空間のある三次元の世界であったのが、この後、時間空間に縛られない五次元の世界に移行する。今は…

愛を知る神の子どもたち

「愛する者たち(主イエス・キリストにある兄弟たち)。私たち(神の子どもたち)は、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。(神の子どもたちの神へのしるしは御霊であり、人へのしるしは愛…

神に油注がれた王によって祈られた神の宮

「もし、この地に、ききんが起こり、疫病や立ち枯れや、黒穂病、いなごや油虫が発生した場合、また、敵がこの地の町々を攻め囲んだ場合、どんなわざわい、どんな病気の場合にも、だれでも、あなたの民イスラエルがおのおの自分の疫病と痛みを思い知らされて…

初めから救いにお選びになった

「不法の人(反キリスト)の到来は、サタン(現実に存在している霊的存在の悪魔)の働きによるのであって、あらゆる偽りの力、しるし、不思議がそれに伴い、また、滅びる人たちに対するあらゆる悪の欺きが行なわれます。なぜなら、彼らは救われるために真理…

神の祭司に守られた日本

「千萬の民の力をあつめなば いかなるわざもならむとぞ思ふ」 これは、明治天皇の御製です。 千万人の日本国民の祈り(意識)の力をひとつにするならば、どんなことでも成るだろうと思う、という明治天皇の、国民への信頼のような内容です。 天皇は、国民を…

わかってもわからなくても

霊に敏感な牧師がおられました。牧師は、いつも祈っておられました。 いろんなことを、御霊の導きによって、霊で察知する牧師でした。 その牧師は、「わかってもわからなくても、主の御心に従っていますように。」とよく祈っておられました。 私は、(これだ…

復活のイエスとお会いした弟子たち

「さて、週の初めの日(墓にはいって三日目の日曜日)の朝早くに甦ったイエスは、まずマグダラのマリアにご自分を現わされた。イエスは、以前に、この女から七つの悪霊を追い出されたのであった。 マリヤはイエスといっしょにいた人たち(イエスの弟子たち)…

パウロたち使徒の伝えた福音と信仰

「私たち(パウロの一行)の勧めは、迷いや不純な心から出ているものではなく、だましごとでもありません。(真実を語っています。) 私たちは神に認められて福音をゆだねられた者ですから、それにふさわしく、人を喜ばせようとしてではなく、私たちの心をお…

先の者があとになり後の者が先になることが多い

ペテロはイエスに言いました。 「ご覧ください。私たち(弟子たち)は、何もかも捨てて、あなた(天の御国を告げ知らせるナザレのイエス)に従ってまいりました。 私たちは何がいただけるでしょうか。」(マタイ19:27) 「そこで、イエスは彼ら(弟子た…

新しい人を着た神の子どもたち

「あなたがたは、古い人をその行ないといっしょに脱ぎ捨てて、新しい人を着たのです。」(コロサイ3:9,10) 古い人とは、生まれながらの人間であり、朽ちて行く肉の人です。 地上のからだ(肉体)の諸部分、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪い欲、む…

肉のアダム 霊のアダム

神は闇に光を造り、昼と夜をつくられました。 神は水を上と下に分け、その間に大空を造られました。 神は、下の水を一所に集めて水の集まった海と乾いた地を造り出し、地上(陸)におのおのの種類にしたがって植物を造られました。 神は、昼を司る太陽と夜を…