ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

霊に飢え渇く人の心を満たす聖霊

ノルウェー人の宣教師のもとで働いていたときの事でした。 時々宣教師のもとに来るクリスチャンの婦人がいました。証を聞いて驚きました。その婦人のお子さんが幼い頃の話です。御主人が死の病気を患い、死の直前の状態の時、彼女は祈りました。 「主よ。子…

人の思い違い

人類の科学の進歩は、目を見張るものです。 医学的に、多くの難病治療を成功させて来ました。肉体の欠陥を補助する技術も高度なものに発展しています。 あらゆる分野において、痒いところに手が届くほど便利で、人間の生活を豊かで、過ごしやすくして来まし…

狭い門から入りなさい

イエスはいわれました。 「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見出す者はまれです。」 イエスを信じ、神の用意されたいのちの道…

永遠の宝を持つ民

「いのち」は永遠のものです。そして、魂も永遠に存在するものです。記憶は残り、感情や知性も残ります。朽ちて滅びるのは、肉体だけです。 永遠に存在する魂は、肉体を脱いだ後、どこへ行くのでしょう。それは、この地上で肉体を持って生きている間に、本人…

最大の奇跡

古から、長寿を求めて来た人間は、死に飲み込む魔物と戦う術を求め、また、長寿を叶えると思われるものを探し求めて来ました。 生老病死の悩みが、人間の究極にして共通の悩みとし、落としどころを求めて、世界中に哲学者や宗教家が立ちました。 「生あるも…

招かれる者は多いが選ばれる者は少ない

神の御子が神の子羊として天から下り、人類の罪の身代わりとなって十字架につけられました。それで、人類の罪は、生贄の子羊の血潮で贖われました。 死と滅びから救われたいと願う者達は、イエスに救いを求めました。十字架のイエスに目を向ける者の心の覆い…

今は御霊の時代

イエスの十字架の死後三日目に復活して天に上られた後、聖霊が天から下られて、聖霊に満たされた使徒の働きが始まりました。そして、多くの人が信仰に入りました。神との契約の割礼を受けておらず、メシアが来ることを知らずに待ち望んでもいなかった異邦人…

使徒行伝は聖霊行伝

『使徒行伝』の講義の講師、ノルウェー人のラッペ先生の口癖でした。「使徒行伝は聖霊行伝。」 イエスが昇天した後で、弟子達に聖霊が下って、使徒が復活のキリストを証して、宣教しました。この使徒の働きを記録した書簡の学びでした。 イエスは語っておら…

神の権威を持つ聖霊

聖霊は、イエスがこの世から去って天に上り、遣わされた方、天の神のもとに帰られた後で、天の神が地上に遣わされた助け主です。 聖霊は、イエスを主とする者達を助ける、真理の御霊です。聖霊はキリスト信者といつまでも共におられ、信者にすべてのことを教…

イエスは聖霊のバプテスマを授ける方

ヨハネは、ヨルダン川のほとりのすべての地方に行って、罪が赦されるための悔い改めに基づくバプテスマを説いていました。 このヨハネは、イエスの母マリアが御使いから受胎告知された後で、三か月間共に過ごした、マリアの親類のエリサベツと夫である祭司ザ…

新しく生まれる

「人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません」と、イエスはいわれました。 どのようにして生まれることができるのですか。 「人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることができません。」 新しく生まれなければ、神の国に入れ…

しもべの祈り

神のしもべの完成形は、人の子イエスです。 「アバ、父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願うことではなく、あなたの御心のままを、なさってください。」 苦しみの中で、取り…

自分が主人となった祈り

神学生の時、笑われたものです。「あなたの祈りは、イエス様をしもべのように命じている主人のような祈りね。」 確かに癇癪持ちの私は、自分の思い通りにならないと泣きわめく幼児性が残っていました。買ってくれないと、そこに寝転がって「買って、買ってぇ…

「感謝します」は神の国

アメリカに感謝のことを指導する教師がいました。感謝と賛美に神が働かれる証を沢山持っておられました。 あるご婦人が相談に来られました。ご主人もご婦人も熱心なクリスチャンで、教会でも役員をしているようなご夫妻です。人々からも敬われ、立派なクリス…

神に信頼する

目に見えない神に信頼する事は、なんて難しいことでしょうか。何度も何度も確認します。神の存在が自分にとって確かなものとなり、胸に落ちるまでは、なかなか自分のものにはなりません。 一つの体験を通して、(わかった)と思ったはずなのに、新たな出来事…

苦難に隠された神の愛

「あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださ…

イスラエルを呪う者を神が呪われる

イエス・キリストが生まれる前から、イスラエルは神の宝の民でした。 モーセの歌の言葉の一部です。 「主は荒野で、獣の吠える荒地で彼(イスラエル)を見つけ、これを抱き、世話をして、ご自分の瞳のように、これを守られた。鷲が巣のひなの上を舞いかけり…

イスラエルを祝福する者を神は祝福される

神は、アブラムにいわれました。 「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。 あな…

栽培種のオリーブの枝と野生種のオリーブの枝

オリーブの木には、栽培種のものと野生種のものとがあるようです。 栽培種のオリーブの木は、神に愛を注がれ大切に育てられており、神に献げる油を生み出します。 野生種のオリーブの木は、自分達の思うままに生きて、偶像の神に捧げる油を生み出します。 栽…

みことばに聞く

神に不従順であったイスラエルは捨てられたのでしょうか。 「彼ら(イスラエル)は、福音によれば、あなたがた(異邦人)のゆえに、神に敵対している者ですが、選びによれば、先祖たちのゆえに、愛されている者なのです。神の賜物と召命とは変わることがあり…

イスラエルは神の民の雛形

イスラエルは、すべての被造物の初穂といわれます。初穂が聖ければ、すべては聖い、といわれ、神に受け入れられるのです。 イスラエルは、全人類の代表の民族です。神の御前を歩み、この世に、神の栄光を現わし、神の存在を証し、神を知らせる務めが与えられ…

イスラエルを赦されたイエス

ローマ人の総督ピラトは、十字架のイエスの頭の上に、『これはユダヤ人の王ナザレ人イエスである』と書いた罪状書きを掲げました。 イエスに罪を見つけられないピラトに、祭司長達に説きつけられた民衆が、「イエスを十字架につけろ」と騒ぎ立てました。 自…

イエスの祈り

イエスは苦しみもだえて、祈っておられました。ゲッセマネでのことでした。 十二弟子のひとり、イスカリオテのユダが、剣や棒を手にした大勢の群衆を連れ立ってやって来て、イエスを捕まえる直前のことです。群衆は皆、祭司長、律法学者、民の長老達から差し…

神と人との仲介者イエス

キリストは、新しい契約の仲介者です。 初めの契約のときの律法の違反を贖うための死が、神の子羊イエスにより実現しました。それは、召された者達が永遠の資産の約束を受けることができるためでした。 律法は、年ごとに絶えず献げられる生贄によって神に近…

マリアはイエスの母でなくなった

イエスが十字架につけられました。イエスの十字架のそばには、イエスの母マリアと母の姉妹と、クロパの妻のマリアとマグダラのマリアが立っていました。 イエスは、母マリアと、そばに立っている愛する弟子ヨハネとを見て、母にいわれました。「女の方。そこ…

イエスの母マリア

ユダ族ダビデの系図にあたるヨセフの許嫁、処女マリアのもとに御使いが現れ、マリアの胎内に神の聖霊による子が宿ることを告げました。 「恐がることはない、マリア。あなたは神から恵みを受けたのです。あなたは身籠って、男の子を産みます。名をイエスとつ…

青銅のへびとイエスの十字架

モーセが毒蛇による死から民を救い出すために造り、旗ざおに掲げた青銅の蛇を、神の救いの象徴として、イスラエルはこれを拝み、香を焚いていました。 救って下さったのは神なのですが、青銅の蛇を神のご神体としたのは、イスラエルでした。目に見えない神を…

預言者ヨナ②

神の預言者は、神に忠実である成熟した預言者のイメージがありますが、ヨナは、駄々っ子のようでした。 不遜な者であったわけではありません。生粋のイスラエル人です。真の神を信じない、無割礼(神との契約の無い異邦人)の者とは聖別されたユダヤ人として…

預言者ヨナ①

アッシリアは、イスラエルに敵対する、イスラエルの敵国でした。後には、イスラエルの十部族、北王国イスラエルを捕囚した国です。アッシリアに、ニネべという都市がありました。 ユダヤ人のヨナに、主のことばがありました。「立って、あの大きな町ニネべに…

青銅のへび

モーセが斥候を遣わし、イスラエルがカナンの地を偵察して帰った後、カナンの地の住民達が背が高くて強いという報告を聞いた民は恐れをなして泣き叫びました。 カナンの地を与えると約束された、神のことばを疑う不信仰な彼らは、神の怒りを買い、荒野に返さ…