ふしぎないのち

神が働く不思議な体験

まことの救世主

 

 人々は、自分の救いを求めて、それぞれ信じるものに辿り着きます。救世主を求めている人は稀でしょう。救世主という大きな存在ではなく、自分を苦しみや悩みから救ってくれるものや、安堵させてくれるものを求めているのです。

 

 真理を求める者もいるでしょう。そういう人は、純粋な教えを求めます。悩みの罠から救い出されることを求める人は、力ある権威を求めます。そうして辿り着いた所が今いるところです。

 

 人々が口々に、救世主と呼ぶものが、その人にとっての救世主となり、キリストと呼ぶものが、その人の信じるキリストとなります。その人の信じる心が、其れと結びつくのです。人は、自分自身の選択によって、その道を歩みます。

 

 救世主とは、世から救い出してくれる人です。「主」ですから、人ではなく神です。一つ一つの宗教や教えが、世から救い出してくれるのでしょうか。この世から救い出して、何処へ連れて行ってくれるのでしょうか。

 

 世は、死人の集まりです。誰もが必ず、死を迎えます。世が始まって此の方、死を迎えないで生き続けている人は、誰もいません。

 

 人にとって死が、この世の終わりです。すでに死んで墓に入っている人は、「世が終わる」ことを心配しないでしょう。自分事に思わないことでしょう。墓に入っている死者は、もうこの世に存在していません。自分の存在しない世界での話です。

 

 「この世が終わる」ことを心配するのは、この世に生きている人々だからです。自分の存在する世がなくなることは、自分が存在できなくなることを意味しています。

 

 自分が死んだ後の、死後の世界のことを思って生きる人は、多くはありません。肉体の命の悩みの解決を願って。宗教に辿り着く人が多いのでしょう。この世の悩みを背負って、その荷物を下ろせる場所を捜しているのです。

 

 この重荷を楽にしてくれるものを自分の荷を軽くし助けてくれたものとして、尊びます。そのものによって、自分は救われたと思います。そのものの望みを叶えるために、そのものが要求することに応えます。解放の感謝を、献げ物という形にして表していきます。

 

 これは、神に造られた人の姿です。自分の外に救いを求め、それにすがります。他力本願は、人の本性です。創造主である神を知らない人も、自分のことを知る目に見えない存在を神とします。

 

 人は、神の御子のために、神によって造られました。もともと人は、御子とひとつになるように造られているのです。神の御子とひとつであることが、人の本性です。

 

 霊は死んでも、本性の機能は残っています。人類は、本性の機能を持つ死人です。

 

 教えによって救いを感じる者は、その教えを守ろうと努力します。所属する組織の中で救世主に祀り上げられているものを、救い主とします。しかし、彼らの救い主もまた、彼らと同じ人間です。神に造られた被造物です。死に繋がれた死人です。

 

 人の悩みの源が、神のことばから外れた原罪にあることを知りません。原罪の解決はできません。原罪を持ったまま、気休めの救いを与えるだけです。肉体の死の前で、何の力もありません。死への恐れが無いからと言って、死から逃れられるわけではありません。頼みとして来たものが気休めの救いであることを悟る霊は、死を前にして、恐怖におののきます。自分が正しい道を選択してなかったことに気づくからです。

 

 人類の苦悩は、生きることとともにあります。神のわからない者が、苦悩の根本の原因を突き詰めてもわかりません。神がわからない者にはわからないのです。神の存在を認めて、初めて、原罪がわかるのです。神から離れていることが、悩みの原因なのです。創造主から外れた被造物には、いのちがありません。生きていても死んでいるのです。

 

 恐れの源は罪です。罪が死を招いているのです。原罪が、死へと導きます。原罪が処罰されない限り、人は罪の奴隷です。罪は裁かれます。赦されない罪人は、永遠の死に捕まります。泣いても懇願しても、死から救い出す者は、死の世界にはいないのです。

 

 死から救い出すものは、いのちのある者の役目です。死なないいのちでなければなりません。死に打ち勝ついのちです。

 

 死から救い出す者が、まことの救世主です。死んだ者も、まことの救世主によって、甦ります。死は引き止めることができません。まことの救世主が、死を打ち砕かれたからです。

 

 神は、罪なき子羊の死をもって、原罪を処罰されました。十字架で流されたイエス・キリストの贖いの血によって、罪を赦されたのです。神が天から遣わされた神の子羊イエスは、死から甦り、原罪の呪いを砕かれました。原罪の呪いを砕いた神の子羊イエスを、贖い主と信じる者は誰でも、罪が赦されます。原罪の呪いは、その人から過ぎ越されます。罪が赦された者には、平安が訪れます。その平安に、御霊が住まわれます。

 

 人の究極の求めは、罪が赦されることです。そのことは、その人の霊が知っています。死の間際で、罪赦された人は、平安を得ます。罪が赦されていない者は、死の恐怖におののきます。

 

 まことの救世主は、死の恐れから救い出す、神の御子イエス・キリストただひとりです。イエスを信じる者は、死んでも甦ることを知っています。神のもとに帰り、神の子となって永遠に生きることを、神の御霊の証を持つその人の霊は知っているのです。